RESEARCH &
DEVELOPMENT

研究開発・技術

明日の当たり前を
創造する

研究開発方針・技術領域

人工知能(AI)の活用が進み、様々なセンサー情報がこれまで以上に意味を持ち始めている今、ただAIが従来の人の判断を代替するだけでなく、より良い未来につながる新たな価値を生み出す必要があります。

ALBERTでは、AIと社会が共創する先進的技術の実現を目指し、空間と時間の理解を深めるために「3次元認識」と「動画像分析」を、人と機械の相互作用を追求するために「ロボティクス」などの最新技術の研究開発に取り組んでいます。

データサイエンスで未来の技術をより身近に、将来当たり前となる技術を創造してゆきます。

研究開発方針・技術領域

ALBERTが取り組む研究領域

  • 3次元認識

    複数の2次元画像や赤外線など、様々なセンサーデータを用いて、現実世界の物体や空間をAIに認識・推定できるようにする技術

  • 動画像分析

    動画像データを用いて、画像の識別・検出や前後の因果関係から時間的な特徴変化(時系列)を紐解く技術

  • ロボティクス

    機械学習を用いて、ロボットの設計や制作・制御を行いAIを搭載したロボットが高度な学習や判断が行えるようにする機械操作技術

RESEARCHER

リサーチャー

R&D
SUPPORT SERVICE

研究開発支援サービス

データから価値を創出し、ビジネス課題の解決を実現するプロフェッショナル集団であるALBERTのなかでも、特に先端技術に関する研究・開発や、最新情報を取り入れ社内アセットの蓄積等を担うスペシャリストであるリサーチャーが、お客様の研究開発(R&D)を支援します。

R&D SUPPORT SERVICE 研究開発支援サービス R&D SUPPORT SERVICE 研究開発支援サービス