COMPANY

経営メンバー紹介

代表取締役社長松本 壮志

株式会社ワールドホールディングス(旧 株式会社ワールドインテック)のFC事業企画部門責任者としてIPOを経験した後、複数の事業会社、コンサルティングファームと共同で事業再生/新規事業立案等のプロジェクトを手がける。その後、M&Aを通じて金融コンサルティング会社の代表取締役に就任。国内金融機関と共同で医療機関向けの金融商品の開発を行なう。その後、株式会社デジタルハーツホールディングス(旧 株式会社ハーツユナイテッドグループ)の取締役COOとして経営戦略部門を担当。2017年8月株式会社ALBERT代表執行役員に就任し、2018年3月代表取締役社長に就任。

代表取締役竹田 浩

2000年4月タキヒヨー株式会社入社。2007年8月レッドホース株式会社入社。2007年10月アジアンエイト株式会社代表執行役員CEO。2009年9月RHトラベラー株式会社代表取締役社長。2011年2月みらいコンサルティング株式会社入社。2015年1月REANDA INTERNATIONAL LLKG出向。2016年6月株式会社ウィズ・パートナーズ ディレクター(現任)。2017年3月株式会社ALBERT社外取締役に就任し、2020年5月より現職。

取締役会長松村 淳

1986年4月野村證券株式会社入社。2008年1月株式会社クワイエット・パートナーズ代表取締役。2010年9月株式会社ウィズ・パートナーズ代表取締役COO(現任)。2012年3月ナノキャリア株式会社社外取締役。2017年3月株式会社ALBERT社外取締役に就任し、2020年5月より現職。

社外取締役江尻 隆

1969年4月弁護士登録。名取法律事務所 所属。1986年9月日本弁護士連合会国際交流委員会副委員長。1995年5月Inter-Pacific Bar Association事務総長。1998年11月株式会社有線ブロードバンドネットワークス(現株式会社USEN)監査役。2003年6月株式会社あおぞら銀行監査役。2004年6月安藤建設株式会社(現株式会社安藤・間)監査役。2006年6月カゴメ株式会社監査役。2010年5月三菱UFJ証券ホールディングス株式会社監査役、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社監査役、ディップ株式会社監査役(現任)。2015年6月株式会社ウィズ・パートナーズ社外取締役(現任)。2016年3月株式会社SBI貯蓄銀行取締役(現任)。2017年3月株式会社ALBERT社外取締役就任。2017年6月株式会社オービック取締役(現任)。2017年8月 名取法律事務所 シニアパートナー(現任)。2017年3月より現職。

社外取締役飯野 智

1989年4月株式会社日立製作所入社。2000年3月CSKベンチャーキャピタル株式会社。2004年2月CSKベンチャーキャピタル株式会社取締役。2010年9月株式会社ウィズ・パートナーズ執行役員。2013年4月株式会社ウィズ・パートナーズ投資運用部長。2013年6月株式会社アドバンスト・メディア社外取締役(現任)。2015年3月株式会社ウィズ・パートナーズマネージング・ディレクター ファンド事業CIO(現任)。2017年3月株式会社ALBERT社外取締役就任。

社外監査役(常勤)佐治 誠

1976年株式会社三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行。川越支店長、決済業務部長、UFJつばさ証券執行役員総合企画部長、UFJ銀行ニューヨーク支店長等を歴任、2006年1月東京三菱銀行との合併を機に退職。その後、アリスタライフサイエンス株式会社執行役員管理本部長、新生証券株式会社取締役副会長を経て、2008年3月、バンクオブニューヨークメロン証券株式会社代表取締役社長就任。2015年1月より同社取締役顧問。2016年6月よりJトラスト株式会社顧問就任。2018年3月退任。同年同月株式会社ALBERT常勤監査役に就任。

社外監査役江南 清司

1974年TDK株式会社入社。記録メディア事業部千曲川工場経理課配属。ビデオテープ生産のジョージア工場建設とともにアメリカに赴任、NY勤務を経て帰任。オーディオテープ、ビデオテープ、フロッピー等新規事業の急拡大と隆盛、価格競争や大幅な円高に起因する価格下落・競合新製品の台頭による事業の衰退を直に経験。市販事業部長として営業部門を本体から切り離して子会社化する構造改革を実施。その後本社経理部長に就任、取締役・専務執行役員として2010年6月の退任まで、全社的立場から数多くの事業買収や構造改革、内部統制・CSR体制の構築、決算発表、社債発行、移転価格課税での国税庁との対応、経理業務のシステム化等に携わる。2010年7月顧問に就任。2012年6月退任。2014年3月株式会社ALBERT監査役に就任。

社外監査役大澤 玄

2005年10月弁護士登録。2005年10月森・濱田松本法律事務所入所。2010年2月伊藤忠商事株式会社入社。2016年6月ルネサスエレクトロニクス株式会社法務統括部長。2019年1月三浦法律事務所パートナー(現任)。2019年3月株式会社ALBERT監査役に就任。

執行役員安達 章浩

自動車メーカー、コンサルティングファーム勤務を経て、1995年にデータマイニングを専門とした会社を設立し、代表に就任。約20年間、大手メーカー向けに生産・販売・物流データの分析、流通・小売業向けにPOSデータの分析、飲食業向けに新規出店売上げ予測システムの構築等を手掛ける。デシジョンツリー分析、サポートベクターマシン、ベイジアンネットワーク最適化など機械学習分野における技術導入を支援。2013年2月株式会社ALBERT入社。同年4月執行役員に就任。

執行役員青木 健児

大学院にて数理統計を専攻し博士号を取得後、大手電気メーカーの中央研究所にてR&Dを担当。約7年間に亘りデータマイニングの原理・応用研究に従事する。2015年2月株式会社ALBERT入社。自動車・製造業向けの異常検知や需要予測、生産最適化といった領域を中心に数多くの分析プロジェクトに携わった後、2020年1月執行役員に就任。

執行役員鈴木 弥一郎

独立系SIerにて、自社販売管理パッケージ・TV局向けの映像配信制御システム・SNSサービス等の設計・開発に従事し、ネット広告代理店と共同によるEC・CRM・BIパッケージ開発拡販事業を立ち上げ、プロジェクトマネージャーを担当。その後、2014年7月株式会社ALBERT入社。DMP・DWH・BIなどのマーケティングプラットフォーム構築プロジェクトにおけるマネジメントに従事。2016年2月執行役員に就任。

執行役員武井 昭博

米国大学にてコンピュータサイエンス学位を取得後、上海の日系企業にて新規事業の立ち上げに従事。その後、フューチャー株式会社(旧 フューチャーアーキテクト株式会社)入社。金融機関、小売流通向けソリューション企画、開発を担当。2014年10月株式会社ALBERT入社。同社プロダクト開発プロジェクトにおけるマネジメント、CATALYST戦略の立案・実行に従事した後、2020年1月執行役員に就任。

執行役員平原 昭次

ベンチャーキャピタルのインキュベーション部門にて複数の事業立ち上げに従事し、大手小売業とのアライアンス構築やパソコン/書籍のECサイトを活用したマーケティングを担当。2006年10月株式会社ALBERTに入社、200社以上のレコメンドエンジン導入支援のほか、CRMソリューション事業の企画・営業・コンサルティング業務に従事する。DMP、チャットボット、AI導入支援、データサイエンティストの育成支援など、多数のプロジェクトに携わる。2013年4月執行役員に就任。