ディープラーニングによる
画像解析自動タグ付けシステム

WHAT’SDeepsense Image (ディープセンスイメージ) とは

与えられた画像を人工知能(AI)・ディープラーニングを用いて分析し、
その画像に適切なタグを付与するシステムです。
既存の商品画像とそれに付随するメタ情報(タグや商品説明文など)を教師データとしてモデルを構築することで、
新たな画像に対して自動でタグを付与することができます。
また、特定のドメイン(アパレル、インテリアなど)における汎用的なモデルを用いることで、
教師データとなるデータをお持ちでないお客様でも自動でタグ付けを行なうことが可能です。

PROBLEM画像タグ付けに関する課題

属人的な登録のため
精度が低い
人件費及び時間が
かかっている
分析にタグを
活用できていない

FEATUREDeepsense Image の特長

タグを自動付与

ディープラーニングを用いて画像に適切なタグを自動付与

ダウンロードが瞬時に

クラウド上でタグ付け対象画像のアップデートや結果データのダウンロードが瞬時に可能

企業独自のタグ付けが可能

企業独自のタグ付けモデル(プライベートモデル)の提供が可能

ACTIVATION METHOD活用方法

商品検索への活用

メタ情報以外の定性的なタグ(可愛い、爽やか等)を付与することで、従来の検索方法ではヒットしなかった商品との新たな出逢いを促進できる

商品登録のコスト削減

自動タグ付けにより瞬時にタグを生成することで、属人的で人件費や時間がかかっていた商品情報の登録の手間を軽減できる

商品分析への活用

自動タグ付けによって付与された定性的なタグを分析することで、現在のトレンドやユーザーの趣向をキャッチし、商品開発や販売戦略に活用できる

EXAMPLE自動タグ付けによるタグ付けの例

Deepsense Imageがタグ付け対象画像を解析し、
最適なタグ候補を複数付与します。

商品レディースシャツ

  • シンプル
  • 清潔感
  • 上品
商品レディースワンピース

  • Aライン
  • シック
  • 爽やか

SERVICEDeepsense Image 提供サービス

Deepsense Imageでは、2種類のモデルにて
自動タグ付けの機能を提供しています。

  • ※パブリックモデルはALBERTの調査研究によって生成したモデルです。
  • ※アパレルなどのドメインに応じたモデルやドメインに依存しない
     一般形容詞などのタグ付けを行なうためのモデルを構築中です。

FLOW導入の流れ

プライベートモデル/パブリックモデル共通

1 お申し込み/ご契約
2 アカウント開設
3 自動タグ付けシステムサービス開始

お申し込みに関する詳細やご希望については、お気軽に当社の営業担当までご相談ください。

※上記導入の流れについては仕様内容により対応が変更になる場合もございます。
※より高い精度をご希望される場合、弊社アナリストがアドホックにチューニングしたモデルを利用することも可能です。

PRICE料金

プライベートモデル



プライベートモデルに関しての料金についてはご希望仕様やデータ量等を確認の上、別途お見積りとなります。

詳細についてはお問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

パブリックモデル

初期費用0

月額利用費
タグ付け対象データ枚数による従量課金

0~1,000枚50,000円

1,001枚~5,000枚100,000円

※5,000枚以上をご希望の場合は別途お見積りとなりますのでお問い合わせ下さいませ。