NEWS RELEASE

株式会社三井住友フィナンシャルグループとの業務提携契約を締結

2019/07/31

▲写真左から、株式会社三井住友フィナンシャルグループ執行役専務グループCDIO谷崎勝教氏、株式会社ALBERT代表取締役社長兼CEO松本壮志、
株式会社三井住友フィナンシャルグループ執行役常務グループCIO増田正治氏

株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下ALBERT)は、2019年7月31日、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(本社:東京都千代田区、執行役社長 グループCEO:太田 純、以下、グループを総称して「SMBCグループ」)と業務提携を締結しました。

■両社のノウハウを掛け合わせ、新たな金融サービスの開発・業務高度化を促進
当社は、SMBCグループとデータの入手・選別や集計・分析、アルゴリズムの開発、データ利活用案件の発掘等の分野において幅広く業務提携を行うことについて協議を開始し、この度、更なる両社事業の発展のため、継続的な業務提携を行うことに合意しました。

ALBERTの持つAI等の高度なデータ分析ノウハウ、SMBCグループの持つ金融ノウハウ・金融データ等の経営資源を活用することにより、右記の事項の検討を中心として新たな金融サービスの開発及び業務高度化を共同で目指します。

株式会社三井住友フィナンシャルグループ

SMBCグループは、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」を目指し、国内外で金融サービスを提供しております。またSMBCグループ全体でデジタライゼーションを推進しており、銀行やカード会社等が既に保有しているデータと外部のデータを掛け合わせることによる新たな価値の創出や、個人の為にパーソナルデータを管理し、個人の意思に基づきデータの利活用を行う情報銀行という考え方の実証事業も始めております。

代表者:執行役社長グループCEO 太田 純
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
設立日:2002年12月2日(平成14年12月2日)
証券コード:8316
事業内容:1.銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理およびこれに附帯する業務
2.上記1.の業務のほか、銀行法により銀行持株会社が行うことができる業務
URL:https://www.smfg.co.jp/

株式会社ALBERT

AIのシステム実装を視野に入れた産業・企業の開発パートナーとして、「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム開発」「システム実装」等のソリューションの提供、自社プロダクト提供およびデータサイエンティストの育成に取り組んでいます。さらに、2018年7月より「CATALYST(触媒)戦略」を推進し、重点産業(自動車、製造、通信・流通、金融)におけるAIアルゴリズム開発・ビッグデータ分析を通じた触媒機能となり、産業間のAI・データシェアリングを促進することで、早期のAIネットワーク化社会の実現に向けて取り組んでいます。

会社概要
社名:
株式会社ALBERT
所在地:
東京都新宿区北新宿2-21-1
TEL:
03-5937-161003-5937-1610
FAX:
03-5937-1612
設立日:
2005年7月1日
代表者:
代表取締役社長兼CEO 松本壮志
証券コード:
3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容:
データソリューション事業
  • AI活用コンサルティング
  • ビッグデータ分析
  • AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用
  • AIを用いた独自プロダクトの提供
  • データサイエンティストの育成支援
~本リリースに関するお問い合わせ先~

株式会社ALBERT(アルベルト)
経営管理部 鈴木
TEL:03-5937-161003-5937-1610
FAX:03-5937-1612
Email:press@albert2005.co.jp

この記事をシェアする
twitter
facebook
B!
LINE
in