NEWS RELEASE

ALBERT(アルベルト)、「商品を介して繋がるSNS」をスタート~ CGMとSNSを組み合わせた新サービス「My教えてーな」~

2006/05/15 12:00 AM

家電商品選択支援サイト「教えて!家電」を運営する株式会社ALBERT(アルベルト、東京都渋谷区・代表取締役社長:上村崇 以下ALBERT)は2006年5月15日(月)、同じ商品を持っているユーザーや同じ商品を買いたいと思っているユーザー同士がWeb上で繋がるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、「My教えてーな」をスタートしました。

一般的にSNSでは「友達を介して」ユーザーが繋がるサービスですが、「My教えてーな」では友達の代わりに「商品を介して」ユーザー同士が繋がるという点で、より商品に関するコミュニケーションに重点を置いていることが特徴です。

「My教えてーな」では、自分が持っている商品のレビューや、次買いたいと思っている商品とその理由を登録すると、同じ商品を登録した他のユーザーと出会うことや、メッセージを交換することができます。これによって、ユーザーは、これから買おうと思っている商品について、既にその商品を持っているユーザーの商品評価を確認し、他のユーザーが自分と同じ商品を何故買いたいと思っているかを知ることができ、商品を購入する前の判断に役立てることができる他、既に購入した商品の使い方や、最新情報などを共有することができます。
参加・利用は無料です。

CGM(コンシューマージェネレイテッドメディア)が注目を集める中、一般消費者が発信した情報を購入の判断材料に活用したり、実際に商品を使う際に役立てたりすることが一般的になってきています。ALBERTでは、このCGMと、昨今爆発的な普及を見せているSNSを組み合わせることで、ユーザーの消費生活における情報の共有をより豊かにしたいと考えています。

今後ALBERTでは、SNSの「My教えてーな」、家電商品選択支援サイト「教えて!家電」にも既に導入している独自開発のレコメンドエンジン「Bull’s eye」、専門家に直接質問できる「専門家コミュニティー」の3つを核に、商品購入時の意思決定の支援と、消費生活における悩みや迷いを解消する仕組みを追及してまいります。

株式会社ALBERT
事業コンセプトは『レコメンデーションの専門企業』。
株式会社ニッセンと株式会社インタースコープが共同で進めてきた「教えて!家電」プロジェクトを、ニッセンの子会社として法人化。「独自に開発したレコメンドエンジン『Bull’s eye』」、「専門家に直接質問できるコミュニティー」、「CGMを活用したコミュニケーションを促すSNS『My教えてーな』」の3つのコンテンツを核に、消費生活における意思決定の支援、悩み・迷いの解決を目指します。
また、『Bull’s eye』を様々なECサイトやメーカーダイレクトサイト向けにカスタマイズし、レコメンデーションツールとして提供。更にユーザーの選択行動や購買行動、書き込みデータの分析からその人の消費行動を予測し、最適な商品やサービスを推薦するOne to Oneプロモーション、メーカーや流通へのデータ・分析レポート販売やコンサルティング事業にも参入予定。

【会社概要】
●設立年月日    2005年7月1日
●資本金       6,000万円
●代表取締役社長 上村 崇
●所在地       東京都渋谷区代々木2-22-17
             TEL:03-5333-3703/FAX:03-5333-3723
●URL         http://www.albert2005.co.jp/

~本リリースに関するお問い合わせ先~
株式会社ALBERT(アルベルト)  広報担当:佐藤めぐみ
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-17
TEL:03-5333-3703/FAX:03-5333-3723
Email: press@albert2005.co.jp