NEWS RELEASE

ALBERT、「ネット-リアル」の融合を実現、家電量販店とタイアップ開始~ Web、携帯、実店舗を連携させた次世代CRM ~

2006/07/05 12:00 AM

家電商品選択支援サイト「教えて!家電」を運営する株式会社ALBERT(アルベルト、東京都渋谷区・代表取締役社長:上村崇 以下ALBERT)は家電量販店向けに、Web・携帯・実店舗を横断的に連携させた次世代CRMの仕組み提供を本日スタートいたしました。
真のネット-リアルの融合に向けて、「Web上で家電量販店のスタッフが質問に回答」、「携帯を使ったリアル店舗への顧客誘導」、「家電量販店のショッピングサイトにレコメンドエンジンを導入」という3つのサービスを家電量販店と連携してスタートします。

「クリック&モルタル」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、実際にはネットはネット、リアル店舗はリアル店舗でのビジネスをそれぞれ独自に展開してきたというのが一般的であり、双方の融合の試みがあったとしても、各企業がWebサイトとリアル店舗サービスの融合を、一企業内で行なっている場合が殆どでした。
今回、家電量販店へ提供する仕組みとして、一企業の枠を超えて、Web・携帯・リアル店舗を横断的に連携することで、ALBERTが運営する購買支援サイト「教えて!家電」のお客様に、最適な商品を、最適な場所で購入していただけるサービスをスタートいたします。

サービス概要
(1)お客様からの質問に家電量販店のスタッフが「教えて!家電」上で回答
「教えて!家電」の「店員さんに質問する」サービス上で、お客様からの家電に関する様々な質問に対して、家電量販店等の実際のスタッフが回答できる場を提供いたします。これまで実店舗に行かなければ受けられなった家電量販店の店員さんからのアドバイスをネット上で実現します。
(2)購買支援サイトの「教えて!家電」からリアル店舗に顧客誘導
「教えて!家電」で推薦された商品や検索された商品を、「実際の店舗で見て買いたい」というお客様に対して、お近くの店舗情報を提示した上で、全国の家電量販店の店舗に誘導することで、実際の商品を見てから購入していただくことができます。
(3)レコメンドエンジン「Bull’s eye」を搭載し、商品を自動推薦
ALBERTの開発したリアルタイムレコメンドエンジン「Bull’s eye」を家電量販店のショッピングサイトに搭載し、「どの商品を買えばよいかわからない」といったお客様に最適な商品を推薦します。

中立的な立場の家電商品選択支援サイト「教えて!家電」と、ALBERTのレコメンドエンジンを搭載した家電量販店のショッピングサイト、更に家電量販店の携帯サイト及びリアル店舗を連動することで、真のネット-リアルの融合を実現します。

株式会社ALBERT
事業コンセプトは『レコメンデーションの専門企業』。株式会社ニッセンと株式会社インタースコープが共同で進めてきた「教えて!家電」プロジェクトを、ニッセンの子会社として法人化。「独自に開発したレコメンドエンジン『Bull’s eye』」、「専門家に直接質問できるコミュニティー」、「CGMを活用したコミュニケーションを促すSNS『My教えてーな』」の3つのコンテンツを核に、消費生活における意思決定の支援、悩み・迷いの解決を目指します。 また、『Bull’s eye』を様々なECサイトやメーカーダイレクトサイト向けにカスタマイズし、レコメンデション・ツールとして提供。更にユーザーの選択行動や購買行動、書き込みデータの分析からその人の消費行動を予測し、最適な商品やサービスを推薦するOne to Oneプロモーション、メーカーや流通へのデータ・分析レポート販売やコンサルティング事業にも参入予定。

【会社概要】
●設立年月日    2005年7月1日
●資本金       6,000万円
●代表取締役社長 上村 崇
●所在地       東京都渋谷区代々木2-22-17
             TEL:03-5333-3703/FAX:03-5333-3723
●URL         http://www.albert2005.co.jp/

~本リリースに関するお問い合わせ先~
株式会社ALBERT(アルベルト)  広報担当:佐藤めぐみ
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-17
TEL:03-5333-3703/FAX:03-5333-3723
Email: press@albert2005.co.jp