ALBERTRECRUITING
SITE

ENTRY
  1. TOP
  2. MEMBER ALBERTの人々
  3. 社員紹介
  4. データアナリスト

INTERVIEW
データアナリスト

データアナリスト

様々な業界の先進的な課題に携わることができる点がやりがいの一つです。

2021年4月入社 新卒

現在はどのような仕事をしていますか?

顧客社内のチャットデータを分析し、従業員の特徴や状態を抽出することで人材管理に生かすことができないかを検証しています。目標の達成に必要な技術を集めるために最新論文を含めて調査し、実際のデータに適用、結果を検証するといった広い範囲の業務を担当しています。

仕事でのやりがいや楽しみを教えてください。

現在取り組んでいるプロジェクトでは、まだ前例のないような先進的な内容に取り組んでいます。論文などを調べてもなかなか事例が見つからず難しいところもありますが、よい結果が得られた時の喜びも大きいです。このように様々な業界の先進的な課題に携わることができる点がALBERTにおける仕事のやりがいの一つであると思います。

大学で学んでいたことを教えてください。

情報薬学を専攻しており、薬学分野における機械学習の応用を行なっていました。授業では、化学・生物といった薬学系の授業の他、他学科の情報系の授業も受講していました。研究では、医薬品の化学構造や過去に引き起こした副作用情報から未知の副作用を予測するというテーマに取り組んでいました。

ALBERTへの志望動機・理由を教えてください。

修士一年生の夏休みにALBERTの夏季インターンに参加したことがきっかけです。毎週のようにアナリストやエンジニアの勉強会が開かれており継続的にスキルを磨ける環境であったこと、社員との会話やインターンの日々で感じ取った社内の落ち着いた雰囲気が自身にマッチしていると感じたことなどが主な理由です。

データサイエンティストの業務について入社前と入社後で印象が変わったか教えてください。

機械学習や統計学といった分析スキルもさることながら、顧客の希望や意図を汲み取るといった基本的なビジネススキルや積極的に提案をする力、難しいことをわかりやすく説明する能力など分析以外の部分の重要性を日々感じています。これらの能力についてもこれから徐々に身につけていきたいです。

ALBERTへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

様々な業界におけるデータを分析し課題解決に貢献したい人に適した環境であると考えています。現時点で機械学習などの専門的知識がなくとも、入社後の新卒研修や勉強会などで必要な知識やスキルを身につけていくことが可能なので、興味のある方はぜひ応募して話を聞いてみてください。

※2021年11月掲載。本文中に掲載されている制度や事例、部署名、役職等の内容は、掲載当時のものであり、 現在はそれらの内容が実在していない、あるいは変更されている可能性があります。

MEMBER