ALBERTRECRUITING
SITE

ENTRY
  1. TOP
  2. MEMBER ALBERTの人々
  3. 社員紹介
  4. データアナリスト

INTERVIEW
データアナリスト

データアナリスト

自分の知識や技術を持ってアプローチし、それが形になることが楽しい。

2020年4月入社 新卒

現在はどのような仕事をしていますか?

現在は属人化している業務のサポート・効率化を行うためのレコメンドエンジン開発を行っています。案件のフェーズとしてはPoC(概念実証)・システム化を終え、より機械学習モデルの精度を向上するために機械学習モデルのオンライン評価・磨き込みを繰り返しているサイクルの最中です。常駐案件であるため、在宅勤務日を除いた週に2~3日ほどはクライアントのオフィスに出社して常駐先のお客様と直接コミュニケーションを取りながら業務を進めています。

仕事でのやりがいや楽しみを教えてください。

クライアントの抱える問題に対して自分の知識や技術を持ってアプローチし、それが形になることが楽しいです。自分の提案した内容がクライアントに通り、それがシステムの一部となって運用されていることに喜びを感じます。私はまだ新卒2年目ですが、すでにこれだけの裁量と経験を得られていることがとてもやる気に繋がっています。

大学で学んでいたことを教えてください。

大学院時代には、ECサイトのカスタマーサポート改善を目的として、Eメールテキストを基に顧客の退会を予測する研究を行っていました。技術的には、特に自然言語の不均衡データを効果的に分類するための損失関数を研究対象としていました。企業との共同研究だったため、使用できるデータを追加してもらうための交渉や進捗を企業の方へ伝える機会など、技術以外の点でも今の業務に繋がっている点があったと思います。

ALBERTへの志望動機・理由を教えてください

私がALBERTを志望した理由は、案件ごとにフィットさせたオーダーメイドのAIモデルの提供を重視している点にありました。技術の民主化が進むAI業界において、高難易度の案件を確かな技術力を売りに戦っていこうという弊社の姿勢に大きな期待を持ちました。また、そうした高い技術力を持った社員の方が集まったうえで、多くの人がのびのびと能力を発揮しながら業務にあたっていることが魅力的に感じました。

データサイエンティストの業務について入社前と入社後で印象が変わったか教えてください。

技術力だけでなく、クライアントとのコミュニケーションの重要度がとても高いことを学びました。クライアントの言葉から問題を定義し、出来上がったモデルの利点・欠点を正確に伝えること。これらの巧拙によって同じ問題に同じ技術力で取り組んでもお客様の満足度を大きく左右するということをとてもよく感じます。

ALBERTへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

データ分析を仕事にしたいと思っている方の中でも、自分らしく成長したいと思う方にとってはぴったりの職場だと思います。穏やかな社員の方が本当に多いので、研究室にいる頃の自分らしさをそのままに成長していくことができるような感覚があります。もちろん社会人としてお客様とコミュニケーションをとる能力や新しい分野のキャッチアップ力は求められますが、それを楽しめる人ならば最高の環境だと思います。

※2021年11月掲載。本文中に掲載されている制度や事例、部署名、役職等の内容は、掲載当時のものであり、 現在はそれらの内容が実在していない、あるいは変更されている可能性があります。

MEMBER