ALBERTRECRUITING
SITE

ENTRY
  1. TOP
  2. MEMBER ALBERTの人々
  3. 社員紹介
  4. データアナリスト

INTERVIEW
データアナリスト

データアナリスト

教育コンテンツの拡充と、社内アセットの強化を内部からボトムアップすることでALBERTに貢献していきたい。

2018年入社 新卒

大学で学んでいたことについて教えてください。

大学時代は数学科の統計科学のゼミでデータ分析関連を学び、大学院でも継続して研究を続けていました。研究内容としては、行列分解のランク決定法について情報量規準を用いたアプローチなどを行なっていました。また、スポーツデータを扱うデータ分析のコンペディションにも参加した経験があります。

ALBERTへの志望理由は?

大学在学時には教員を目指していましたが、教員になる前に一度社会に出る経験をしたいと考え、専攻学部(数学・統計学ゼミ)の知識を活かせるALBERTのインターンに参加したことがきっかけです。その後アルバイトでデータ分析の経験を積むうちに面白さを実感し、引き続きALBERTで自分の特性や専門性を活かしたいと思い志望しました。

現在はどんな仕事をしていますか?

インターンやアルバイト時代はマーケティング領域の分析プロジェクトに携わり、データのクレンジング・加工・集計等を主に担当し、分析と報告書の作成も行なっていました。現在は、さまざまな分析プロジェクトに携わった実務経験を活かし、教育コンテンツの拡充と社内アセットの蓄積に力を注いでいます。教育コンテンツでは、統計学や機械学習の理論のみでなく、実務に直結するようなビジネス課題を分析に落とし込む部分や、分析結果の解釈の部分なども含め内容が充実するようにコンテンツを作成しています。

これから新しく身につけたい技術や今後の目標を教えてください。

入社1年目は、ビジネス課題をふまえた分析計画の部分に多く取り組みました。データ分析をする前段階について学ぶことができ、クライアントのビジネス課題を理解する力を身につけることができました。 今後は、データサイエンティストの自分の視点を生かして教育コンテンツの拡充と社内アセットの強化を内部からボトムアップすることで、ALBERTに貢献していきたいです。

同期はどのような存在ですか?

私にとって同期はいろいろなアドバイスをくれる心強い存在です。仕事を進めていて、他の人の意見を聞きたいなというときに同期に相談することが多いです。そうするとみんな気軽に意見をくれるので、様々な視点から物事を捉えることができ、新たな発見があったり方法を検討したりすることができます。

プライベート(休日)はどのように過ごしていますか?

基本はインドアです。海外ドラマを見たりゲームをしたりしてリフレッシュしています。ただ運動不足に悩まされているので、最近買ったカメラを持って外に出るように心がけています。

ALBERTへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

ALBERT新卒入社の同期は多種多様な分野の出身で、みんな専攻知識に長けているので刺激を受けます。一緒に成長して切磋琢磨できる仲間がいて良かったと思っています。一緒に仕事をする先輩方も自分にはない専門性を持っているので、自己成長には素晴らしい環境だと思います。自分の知識の幅を広げ、業務を通して自己成長していきたいと考えている方には、ぜひ応募して頂きたいです。

MEMBER