ALBERTRECRUITING
SITE

ENTRY
  1. TOP
  2. MEMBER ALBERTの人々
  3. 社員紹介
  4. データアナリスト

INTERVIEW
データアナリスト

データアナリスト

仕事に対してフェアに評価してもらえる環境・社風が自分にマッチすると感じた。

2019年4月入社 新卒

大学で学んでいたことについて教えてください。

大学ではHCI (Human-Computer Interaction) の研究をしていました。HCIとは人間とコンピュータの接点をデザインする研究領域で、情報科学、人間工学、心理学...等複数の領域をまたぎながら研究を行うのが特徴です。研究の中では必要な装置を作るためにプログラミングを行ったり、実験で得られたデータを統計的な手法を用いて分析したりしていました。

ALBERTへの志望理由はなんですか?

インターンに参加したのがきっかけです。元々データサイエンスの分野に興味があり、会社の規模や業務形態の軸で比較をしていました。ALBERTのインターンは実際の業務に近い内容を体験でき、受託開発の面白さを感じられました。また、インターンの中で社風が自分にマッチすると感じたのも理由の一つです。

現在はどんな仕事をしていますか?

インフラ系のお客様の異常予測の案件に携わっています。「基礎集計 → システム化を見据えた要件定義 → モデル構築 → テスト」という一連の流れを体感することができており、慣れないことが多く大変ですが、 勉強になっています。データサイエンスと聞くと、モデル構築の部分が注目されがちですが、モデル構築以外の部分も非常に大切であることを実感しています。お客様から受け取ったデータの理解や前処理はもちろんのこと、モデルの結果の再現性を確保することなども重要です。また、実データに対して、既存のソフトウェアライブラリがそのまま使用できないことも多く、自分で理論を理解し、自力で実装するだけの力が必要不可欠であることを実感しています。

在学中の研究内容が現在の業務に活かされていると思うことは?

研究内容が直接業務に活かされていることは今のところあまり感じていないですが、「プログラミングと統計学の素養」、それから「研究の中で培われた、 仮説 → 検証 → 考察 → 次の仮説、という試行錯誤のサイクル 」の2つは業務に役立っています。

これから新しく身につけたい技術や今後の目標を教えてください。

現在は、日々の業務をこなすのに精一杯なのが正直なところです。焦らずひたむきに経験を積み、自分でできることを一つずつ増やしながら、早くプロジェクトをリードできるようなデータサイエンティストになることが当面の目標です。

同期はどのような存在ですか?

近すぎず遠すぎない距離感で居心地が良く、なんでも話せる存在です。一緒にお昼ご飯を食べにいったり、懇親会補助制度を使って飲みにいったりすることも多いです。一方、皆それぞれ違った分野・方向にレベルが高く、業務面では良い刺激をもらっています。

ALBERTへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

日々、技術的なキャッチアップは高いレベルで求められますが、多様なバックグラウンドを持つ人々がのびのびと働ける環境が、ALBERTにはあると思っています。性別、バックグラウンド問わず、仕事に対してフェアに評価してもらえる環境をとてもありがたく思っています。インターン、面接、説明会などでALBERTの文化を感じていただけると嬉しいです。ご応募をお待ちしております。

MEMBER