ALBERTRECRUITING
SITE

ENTRY
  1. TOP
  2. MEMBER ALBERTの人々
  3. 座談会
  4. データサイエンティスト座談会03・後編

CROSS TALK
データサイエンティスト座談会03・後編

CROSS TALK

03.オンラインでの業務、コミュニケーションは大変ですか?

21新卒さん
僕の部署は、オンラインでもチーム間や縦のコミュニケーションが取れるよう、上司の方が積極的にいろいろ取り組みを考えてくれています。19新卒さんとは同じ部署でオンライン上では拝見したことがありますが、対面では今回が初めてですね。Slackでのやりとりはあっても、オフラインでは話したことがなかったですね。
19新卒さん
たぶんそうですね。オフラインでは話したことないですね。
20新卒さん
オンラインあるあるですね。オンラインで会ったことはあるけど、オフラインでは会ったことがないので、お互い「はじめまして」なのかわからないことがありますね。
19新卒さんは、コロナ禍前のオフラインコミュニケーションを知っていると思いますが、オンラインに移行後のコミュニケーションで変わったと思うことありますか?
19新卒さん
ちょっとした確認事項は、oViceを活用してやりとりし、その後少し雑談しています。ただ、自分の業務に関わる人以外との関わりは少なくなっているのでたまに話したくなりますね。
※オンライン上で会話ができる社内コミュニケーションツール
20新卒さん
僕は、オフラインの時の働き方をあまり知らないので、なんとも言えないですが、仕事に関してはオンラインもオフラインもあまり支障はないかなと個人的には思っています。むしろオンラインだと自由時間が増えているので、その分勉強時間に充てられるのはいいことかなと思います。ですが、オンラインだと他の人との雑談がないので、それは機会損失かなと若干思いますね。

ただ、オフラインでもそんな雑談するかな?っていうのはあります。僕の性格的に周りの方にフランクに話しかけたりできるのかなと。結局、オンラインでもオフラインでも性格上、仕事面やコミュニティケーション面は変わらないかなと思っています。
21新卒さん
僕の同期は良い人ばかりで、オンラインで一緒にポーカーをやるグループがあります。休日には同期とゲームしたりして楽しんでいます。 僕の場合、大学にいた時からオンラインで勉強したり、コミュニケーションをとったりすることが染み付いていたので、なんだかんだオンラインでも仲良くなれるので、寂しくはないですね。
20新卒さん
オンラインといえば、僕のときはコロナ禍でいきなりオンライン研修になったのですが、お二人の時の新卒研修ってどんな感じでしたか?
僕の新卒研修は、緊急事態宣言が発令中でもあり予定していた研修がすべてオンラインに変更になりました。しかしリモートワークでの急な対応の中でも、滞りなくできたことがありがたいなと思いました。

また研修教材が学校の様にしっかりしていることに驚きました。同期の皆さんはとてもレベルが高くて、演習などで「問題を解いて下さい」となって、Slack内で解答するのですが、その解答スピードが早くてかなりプレッシャーを感じながら研修を受けていました。
19新卒さん
それはオフラインの時も一緒ですね。私の時は社内のセミナールームに集まって、統計の基礎や機械学習の講義を受けてから、まずは一人で分析演習を行って、そのあとグループになって分析案件に取り組むといった内容の研修を約2ヶ月受けてから各部署へ配属となる流れでした。
その時に同期とも仲良くなれてランチをよく一緒に行って、研修期間中はお互いに励ましあっていました。当時は、講師の人が入れ替わりで来てくれていたので、その時に講義とは別に、講師の方の苦労話を直接聞けたのが良かったですね。
21新卒さん
僕の時の新卒研修は、どうやら分析演習の期間が短くなっていたようで、かなりタイトなスケジュールで演習を行ったのが大変でした。
19新卒さん
たしか、20新卒さんの時から「顧客対応演習」という講義が増えていますよね。私もそれやってみたかったです。
※4~5名のチームで、先輩社員が演じる顧客に対して分析の提案・報告を行う演習。顧客との折衝を疑似体験するとともに、分析業務を進める中で直面する課題とその対応方法について学ぶ。
20新卒さん
「顧客対応演習」はすごく緊張しましたね。ロールプレイってわかっていても先輩社員がとてもリアルな演技をするのでめちゃめちゃ緊張しました。いい経験でした。
21新卒さん
僕もそうです。担当の人は演習中、終始厳格な雰囲気だったのですが演習終了後のフィードバックがとても優しくてびっくりしました。

04.「ブラザーシスター制度」についてはどう思いますか?
※以下「ブラシス制度」に省略、新卒社員を対象とした制度です。

19新卒さん
ブラシス制度があることで部署以外の方とコミュニケーションをとるきっかけになっていると思っています。私は18新卒の方にブラシスをやってもらったのですが、当時仕事で悩んだ時に話を聞いてもらえたりしたのは、とてもありがたい経験でした。
なので、20新卒さんに対してもそういう役割でありたいなと思っています。ブラシスでのコミュニケーションでは、業務の具体的な相談もありますが、業務外のちょっとした会社の悩みごととか、生活の中で困っていることの相談役になれればいいなと思っています。
20新卒さん
それはすごくありがたかったですね。僕もブラシスでは話を聞いてもらっていました。仕事だと本当に仕様もないことや、社内の手続きのこととか、上司にはSlackでも聞きづらいことも含めて、気軽なコミュニケーションを月1回取れるのは助かっています。一人暮らしでオンラインだと普段はほとんど人としゃべる機会がないので、僕は毎月ブラシスでの会話を楽しみにしていました。
19新卒さん
私も新卒の方とコミュニケーションをとれるのは嬉しかったのでブラシスは良い制度だと思います。上司や部署の方に相談や確認できないこと、「その他なんでも」を私の方で聞けるのがいいのかなと思いました。むしろ私も話したいことがあった時に20新卒さんに聞いてもらえたので助かりました。
21新卒さん
ブラシスは本当にありがたい制度ですね。ブラシスは会社で気軽に話せる「お兄さん・お姉さん」って感じの人なのかなと。僕は、先輩社員で誰と仲良いって聞かれたらとりあえず20新卒さんって答えますね。今週の予定に「ブラシス」の時間があると、休憩時間くらい楽しみでテンションが上がります。僕にとってブラシス制度は気分転換、リフレッシュになっています。
20新卒さん
オンラインだとちょっと声をかけられて休憩みたいのがないので、ブラシスの時間が定期的に確保されているのはありがたいですね。 ブラシスの時に21新卒さんに、休憩中は散歩したらいいじゃないかって話をしましたね。それは僕の同期が、コロナ禍になってから業務を黙々と行うのがしんどくなった時に先輩社員に言われたらしくて。それを同期から聞いて、僕も意識的に散歩するようになりましたね。
21新卒さん
僕は最近ダンベルを買ったので、意識的にダンベルを持つようにしています(笑)。

05.これからALBERTへ入社を検討している方への
メッセージをお願いします。

21新卒さん
ALBERTは自信を持って薦められる会社です。なので、まずは面接やインターンで雰囲気を確認してもらって、社員の方と関わってもらうのがいいのかなと思います。いろいろと知ってもらえたら、ここで仕事するのが楽しいと皆さんに感じてもらえる、と僕は思います。
19新卒さん
今日は就活のことから、研修、今の仕事とかちょっと昔のことも思い出せたので少し新鮮な気持ちになれました。ALBERTはいわゆる大企業でもBtoCでもないので、一般的な知名度があるわけではなく、どの様な会社か分からないって方も多いと思います。ですが、まずは勉強会やインターンのイベント等でALBERTと接点をもって雰囲気を知ってもらえると嬉しいです。
20新卒さん
今日は、このような機会で皆さんとお会いできて嬉しかったです。 本当にALBERTって人柄がとても良い社員が多い会社だと思っています。温かい人も多いし、自由にやらせてもらえますし、勉強会も盛んなので、精神的なストレスもなく自分のやりたいことを追求できる環境だなと思います。そういう環境に向いている方には絶対合う会社なのでぜひ来てみていただきたいです。

※2021年11月掲載。本文中に掲載されている制度や事例、部署名、役職等の内容は、掲載当時のものであり、
現在はそれらの内容が実在していない、あるいは変更されている可能性があります。

◀︎ 前編へ戻る
「データサイエンティストになろうと思ったきっかけは何ですか?」
MEMBER