企業向け研修

分析演習 画像認識

講座概要

実案件で想定されるような画像(車載画像)を用いて、セグメンテーションモデルを構築します。モデル構築ではネットワーク構造を理解し、実装することが求められます。さらに報告書作成や発表も行います。

受講者の想定
  • ディープラーニングの実践力を身に付けたい方
  • 画像処理に関連する業務に従事し、ディープラーニングを活用したいと考えている方
  • データ確認から報告書作成までの一連の分析業務を身に付けたい方

※分析手法理論の「ディープラーニング入門」の内容を理解している方、および同程度の知識を有する方を対象とします。

受講者が得られる知識・スキル
  • 分類や物体検出など、画像に関連する処理をディープラーニングを利用して行うことができる
  • ネットワークの構造や損失関数を変更することで、既存のモデルの精度を向上させることができる