企業向け研修

分析演習 製造業向け異常検知(教師なし学習)

講座概要

異常検知演習として、機械の正常データを用いてモデルを作成し、異常データを検出できるようにします。 課題の把握から分析の設計・実施、報告書作成、プレゼンテーションまでを行います。

一定の時系列の長さごとに異常かどうかを判別します。 実務に即した形で、優先すべき精度項目や実行時間の制約があります。 異常検知の講義で扱う手法をベースに、一般に異常検知でおこなわれているデータの要約方法などの関連技術の調査をしながら、分析を進めていく経験ができます。

受講者の想定
  • 異常検知の実践力を身に付けたい方
  • 製造業に従事し、データ分析を活用したいと考えている方
  • データ確認から報告書作成までの一連の分析業務を身に付けたい方

※分析手法理論の「異常検知入門」の内容を理解している方、および同程度の知識を有する方を対象とします。

受講者が得られる知識・スキル
  • 精度項目や実行時間の制約がある中で、異常検知を実施してアラートをあげることができる
  • 音声データをモデルの学習に使える形に変換する処理が含まれるため、クラスター分析や教師あり学習の入力として音声データを利用できるようになる