企業向け研修

分析演習 製造業向け故障予測(教師あり学習)

講座概要

油圧機器の検査データから、状態 (良し、悪い) を予測するモデルを構築します。 油圧、流量、冷却力、温度、振動などセンサーデータを活用します。 課題の把握から分析の設計・実施、報告書作成、プレゼンテーションまでを行います。

時系列で記録されているデータを要約して特徴量を作成したり、欠損値を適切に処理したりすることが必要です。

受講者の想定
  • 教師あり学習を使用した予測の実践力を身に付けたい方
  • 製造業に従事し、データ分析を活用したいと考えている方
  • データ確認から報告書作成までの一連の分析業務を身に付けたい方

※Pythonを使用した基本的なデータハンドリングができ、教師あり学習の代表的な手法について理解している方を対象とします。

受講者が得られる知識・スキル
  • 複数のセンサーデータから機器の状態を予測できる
  • 故障確率を算出することにより、機器の取り換えの優先順位をつけることができる
  • 複数のセンサーのうち、重要視すべきセンサーを特定できる