製薬×データサイエンス

製薬・ヘルスケア業界に必須の
データサイエンスを体系的に習得が可能

製薬業界特化型
データサイエンス講座

特長

  • 網羅的に学べる

    製薬・ヘルスケア業界におけるデータ分析について、基礎的な内容を網羅的に学ぶことができます。

  • 専門分野も充実

    臨床研究や疫学調査における統計学の基礎に加え、因果推論・生存時間解析・メタアナリシス・医療経済評価など、専門性の高いコンテンツも充実しています。

  • 2つの形式に対応

    講義を視聴するだけではなく、ハンズオン形式で演習問題に取り組んでいただくことで、実践的なスキルを身に付けることができます。

※本講座はeラーニング(VOD形式)での開催です。

製薬・ヘルスケア業界向け専門講義例

  • 臨床統計・疫学調査
  • 因果推論
  • 生存時間解析
  • 医療経済評価

受講者が得られるスキル

  • 製薬・ヘルスケア業界のデータサイエンティストとして、
    データを利活用できるようになる

    製薬・ヘルスケア業界特有のデータの性質や可視化手法について理解することで、データや分析結果を解釈できるようになります。

  • 製薬・ヘルスケア業界に必要な統計の考え方を
    理解することができる

    臨床研究や疫学の文献で利用される統計学の概念をはじめ、多重検定・因果推論・生存時間解析の理論や、EBM(Evidence-Based Medicine)を実践する上で重要なメタアナリシスの統計的手法を理解することができます。

  • 製薬・ヘルスケア業界で利用される因果推論と
    生存時間解析について、自分で実行できるようになる

    因果推論と生存時間解析では、講義形式の理論の説明に加えてハンズオン形式の演習に取り組むことで、Pythonによる実装方法を習得することができます。

プログラム紹介
(一部抜粋)

本講座では、製薬過程において必要とされるデータ分析の進め方を、 代表的なデータの性質、代表的な可視化方法、臨床統計・疫学調査、多重検定、因果推論、生存時間解析、メタアナリシス、医療経済評価の順に沿って、eラーニング(VOD形式)で学ぶことができます。

【テキスト一例】

製薬・ヘルスケア業界のデータサイエンティストとして、データ分析に対しての基礎知識をはじめ、Pythonや機械学習などの内容を深く理解したい!という方に向けてスキル別に受講講座を選択いただけます。

横スクロールで、表示されます。

プランA プランB プランC
対象講座 【対象者】
Pythonの利用経験及び統計学および機械学習に関する基礎知識がある方向け
【対象者】
Pythonの利用経験がなく、統計学も学びたい方向け
【対象者】
Pythonの利用経験がなく、更に統計学、機械学習を学びたい方向け
製薬業界特化型
データサイエンス講座【VOD形式】 詳細はこちら
Excelでできる!
データ分析入門講座【VOD形式】 詳細はこちら
データ分析のための
Python基礎講座【VOD形式】 詳細はこちら
ビジネスで使える機械学習
入門講座(教師あり学習)
【オンライン研修(Live配信)】 詳細はこちら
標準受講時間 27H 67H 83H
受講料 1名あたり 税込 327,800円
(税抜 298,000円)
税込 437,800円
(税抜 398,000円)
税込 602,800円
(税抜 548,000円)

製薬業界特化型データサイエンス講座の詳細は「公開講座」ページよりご覧下さい。

講座詳細へ

支援実績

企業様での集合型のデータサイエンス研修を希望する際は、下記よりお問い合わせください。データサイエンスの教育チームが貴社に最適なカリキュラムをご提案します。まずは、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

おすすめ講座

製薬業界特化型データサイエンス講座については、 Pythonを使用した基本的なデータハンドリングができ、機械学習・統計モデリングの代表的な手法について理解している方を対象としておりますので、ぜひ以下講座についても合わせて受講ご検討下さい!

公開講座

  • 【VOD形式】

  • 【VOD形式】

  • 【オンライン研修(ライブ配信形式)】

実践的な
スキル習得!

企業向け研修

分析演習 マテリアルズ・インフォマティクス

実践的なデータ分析スキルの習得を目的として、「マテリアルズ・インフォマティクス」をテーマにしたデータ分析演習も企業研修限定で提供中!