講師をすることは、自分の成長にも繋がる貴重な経験

鈴木 健太

  • 経歴

    学生時代は情報工学を専攻、機械学習の理論と応用を扱う研究室に所属。2020年ALBERTへ新卒入社。新人研修終了後、9ヶ月間に及ぶ分析プロジェクトに参画。

  • 主な担当講座・カリキュラム

    ・分析演習 購入者予測(教師あり学習)

データサイエンティストを
志した理由

学生時代から機械学習に興味があり、データサイエンスに関わる研究をしていく中で、この業界に関わり続けていたい、さらに詳しくなりたいと思ったことがきっかけでした。
データ分析を通して、専門家や企業の意思決定や知見獲得の一助ができることや、その分野の専門の人でも未だ知り得ていない知見等を見出せるのが魅力だと感じています。

これまで担当した
プロジェクト

放送業界のレコメンドロジック構築に携わっておりました。視聴履歴からユーザーの嗜好に近い番組をレコメンドする機能及び、視聴履歴を持たないユーザーに対して似た属性の視聴履歴を持つユーザーを参考に番組をレコメンドする機能を検証・開発しておりました。

講師を始めた
きっかけ、理由

教えることでよりこの分野に対する理解を深められ、自分の成長にも繋がる貴重な経験ができると思ったのがきっかけです。元々教えることは好きで、それを自分が専門的に取り組んでいて、今後様々な業界で必要とされるデータサイエンスの分野で講師をやれることは光栄なことだと思いました。

MESSAGE

受講生へのメッセージ

自分自身、データ分析の仕事に携わってから間がなく、未熟ではありますが、受講生の皆様がデータ分析に興味を持ち、業務に役立てられる、データ分析の魅力を知っていただけるように自分も学び続けながら、講師を努めていきたいと思います。 これからよろしくお願い致します。

講師一覧