SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・分析プロジェクト、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

服のカテゴリの自動分類タグ付け

服のカテゴリの自動分類タグ付け

従来行っていた、膨大な商品データを手動でカテゴリに分類し、それに関連する検索用のタグを付与する作業について、自動で分類しタグを付与するアルゴリズムを構築。これにより、人的作業の効率化やコスト削減、誤ったタグが付与されるヒューマンエラーの解消を実現。

キャラクターチャットボット

キャラクターチャットボット

オウンドメディアサイトにおけるユーザーとの関係性強化のために会員向けAIチャットボットを提供。これにより、会員に対するメリットの創出と多様なコンテンツにおけるパーソナライズされた接客支援を実現。また、チャットボットの活用によりユーザーの声やニーズを取得することができ、メディア運用におけるユーザー理解を深めることができます。

活用データ
分析手法
データ活用プロフェッショナル人材の育成

データ活用プロフェッショナル人材の育成

企業様におけるデータ活用のプロフェッショナル人材育成を目的とし、高度な育成カリキュラムを用いて、ビッグデータ解析基礎プログラムを実施。分析手法理論を学び、実データを用いた演習を行うことで、実務で即戦力となる専門的な知識と実践力を習得。

AI・分析プロジェクトにおけるマネジメント職育成支援

AI・分析プロジェクトのマネジメント担当者様向けに、プロジェクトガイドラインの策定方法から、目的・KPI設計・評価方法、AIアルゴリズムの概要などを学ぶことで自社でのAI・分析プロジェクトを円滑に進めるための知識を習得。

交通事故要因推定アルゴリズムの構築

交通事故要因推定アルゴリズムの構築

交通事故を減少させる目的で、交通事故要因を解明するアルゴリズムを構築。交通事故における内的要因(事故内容や当事者の属性など)と外的要因(天候、路面状況など)を分析し、特徴と傾向から事故発生との関係性の強弱を解明。これにより、開通前の新しい道路を含め、交通道路の安全性を高める対策を事前に講じることを可能にした。

正常な画像データのみを活用した外観不良検知

正常な画像データのみを活用した外観不良検知

不良データがない場合にも、正常時の画像データを数百枚学習し、正常ではないと判断された画像に対して「不良」と判定する外観不良検知アルゴリズムを構築。これにより、人の目による再検査が大量に発生する従来の外観検査装置とは異なり、人の目による判断に近いアルゴリズムを用いて再検査を減らすことで、人手不足を解消できます。また、注目箇所の可視化により画像内のどこを重視して判断したのかを確認できるため、判断のブラックボックス化を回避可能です。

詳しくみる
車載カメラ動画から車両識別・構造物識別

車載カメラ動画から車両識別・構造物識別

車載カメラの動画データを用いて障害物、走行車、歩行者等を自動的に識別するアルゴリズムを構築。これにより、レーンごとの車両有無を特定し、自車が走行しているレーンの特定が可能。また、従来の画像認識手法をディープラーニングに置き換えることにより、道路上の白線や縁石などの識別困難な画像の識別精度向上を実現。

産業
分析テーマ
活用データ