SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・分析プロジェクト、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

子育て支援チャットボット

子育て支援チャットボット

子どもの年齢や居住地域に合わせて、妊産婦や子育て世代に向けた子育てに関する様々な情報をOne to Oneコミュニケーションで提供できる仕組みをAIチャットボットとSNSツールの連携で実現。これにより、ユーザーが日中の忙しい時間に電話やメールで問い合わせをしなくても、開庁時間外でも必要な情報を取得できる環境を提供。

活用データ
分析手法
細胞の分類自動化

細胞の分類自動化

従来では専門家が手動で行っていた細胞の分類について、アルゴリズムを構築し自動で判別。また、細胞名ラベルを付与したデータを用いて学習させ、分類正解率を確認してアルゴリズムをチュー二ング。新たな画像を追加することで自動的に再学習し精度を向上させるシステムを開発し、作業効率の向上を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
獣医療における皮膚病の自動判定

獣医療における皮膚病の自動判定

スマートフォン等のカメラで撮影した動物の皮膚の画像に対し、診断候補となる皮膚病名を確率的に判定する仕組みを構築。同じ病名ごと・同じ個体ごとでそれぞれ学習することで判定精度が向上。これにより、医師の診察業務の効率化や、飼い主が撮影した患畜の画像を獣医師に送信して判断を仰ぐなどの遠隔対応を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
仕入れの発注量を判断する需給予測モデル

仕入れの発注量を判断する需給予測モデル

発注・在庫をシンプルに管理するために、商品の売上個数を予測し仕入れの発注量を判断する需給予測アルゴリズムを構築。複数のアルゴリズムを検証の上、最適なアルゴリズムを構築し誤差数を大幅に改善。これにより、属人的に人がExcelを用いて行ってきた作業から脱却し、予測精度の向上と業務効率化を実現。

服のカテゴリの自動分類タグ付け

服のカテゴリの自動分類タグ付け

従来行っていた、膨大な商品データを手動でカテゴリに分類し、それに関連する検索用のタグを付与する作業について、自動で分類しタグを付与するアルゴリズムを構築。これにより、人的作業の効率化やコスト削減、誤ったタグが付与されるヒューマンエラーの解消を実現。

中古車価格予測アルゴリズム構築

中古車価格予測アルゴリズム構築

精度のさらなる向上を目的として、中古車価格予測アルゴリズムを構築。過去に実施した車両単位の査定価格と、生産からの経過による価格減衰を組み合わせ、車種ごとに分析を行い、新車価格からの減法方式で価格を予測。これにより、中古車販売価格の予測精度が向上し、適正価格での販売を実現。

詳しくみる
交通事故要因推定アルゴリズムの構築

交通事故要因推定アルゴリズムの構築

交通事故を減少させる目的で、交通事故要因を解明するアルゴリズムを構築。交通事故における内的要因(事故内容や当事者の属性など)と外的要因(天候、路面状況など)を分析し、特徴と傾向から事故発生との関係性の強弱を解明。これにより、開通前の新しい道路を含め、交通道路の安全性を高める対策を事前に講じることを可能にした。