SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・分析プロジェクト、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

実店舗向けチラシ配布の最適化

チラシ投下のタイミングと売上最大化の最適値について、時系列や競合店舗の影響を考慮してデータを分析。売上上昇スコアを算出する予測アルゴリズムを構築することで、チラシ投下量を店舗別に計画し、チラシ配布費用の最適化と売上の最大化を実現。

交通事故要因推定アルゴリズムの構築

交通事故を減少させる目的で、交通事故要因を解明するアルゴリズムを構築。交通事故における内的要因(事故内容や当事者の属性など)と外的要因(天候、路面状況など)を分析し、特徴と傾向から事故発生との関係性の強弱を解明。これにより、開通前の新しい道路を含め、交通道路の安全性を高める対策を事前に講じることが可能にした。

サーバーラックの吸気温度予測精度向上

サーバーラックにおける、吸気温度の上昇を理由とした異常発生を防ぐため、各サーバーラックおよび空調の消費電力等のデータを用いて、吸気温度の変化を予測するアルゴリズムを構築。これにより、空調設備を適切な温度で管理でき、電気代等の経費削減に成功。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法

建造物の外壁劣化度診断

従来、作業員の主観や経験値で判断していた建造物の外壁劣化度診断について、画像データを用いて自動で判定するアルゴリズムを構築。学習データと検証データを活用し画像データを劣化度ごとに分類することで、学習データとの正誤率等を確認し、精度を評価。これにより、人的作業のコストの削減および診断結果の標準化を実現。

単眼カメラによる深度推定

単眼の車載カメラ映像を用いて距離の推定を行い、複眼カメラ同様の精度を実現。学習の際は複眼で撮影した動画を使用して深度推定アルゴリズムを構築しており、実運用時には、単眼で撮影した映像を用いた推定が可能です。また、車・人・信号・標識などの物体を認識するアルゴリズムと組み合わせることで、認識した物体までの距離も推定可能です。小型の単眼カメラで実現可能のため、コストダウンと省スペース化に繋がります。

産業
分析テーマ
活用データ
詳しくみる

獣医療における皮膚病の自動判定

スマートフォン等のカメラで撮影した動物の皮膚の画像に対し、診断候補となる皮膚病名を確率的に判定する仕組みを構築。同じ病名ごと・同じ個体ごとでそれぞれ学習することで判定精度が向上。これにより、医師の診察業務の効率化や、飼い主が撮影した患畜の画像を獣医師に送信して判断を仰ぐなどの遠隔対応を実現。

産業
分析テーマ
活用データ

バッテリー劣化予測

車輌から取得したデータを用いて、バッテリーの劣化状況を予測するアルゴリズムを構築。数ヶ月以内の劣化を予測し、交換が必要になる会員に事前通知する仕組みを実現。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法