SERVICE

単眼カメラによる深度推定

産業
分析テーマ
活用データ
目的
車載カメラ映像から、物体の認識と距離の推定を行いたい。
結果
単眼カメラの映像でも複眼同様の精度を実現。物体認識アルゴリズムと組み合わせることで、認識した物体までの距離を同時に推定可能に。

深度推定とは、二次元の映像や画像を解析してカメラから物体までの距離を推定する技術です。人間の脳は両目から見える景色を把握して物体までの距離を判断することが出来ますが、この判断をディープラーニングを活用することで高精度に行うことが出来ます。深度推定は、自動車の自動運転において人間の目に代わる技術として活用できるほか、工場や倉庫における物資の自動運搬、自動掃除機などの家庭用ロボット、車いすなどでも活用できます。

ALBERTの深度推定技術では、1つのカメラだけで行う単眼推定が可能です。汎用的な性能の小型カメラを用いた場合でも高い推定精度を実現しています。これにより省スペース化につながります。さらに、安価なカメラ一つで高い推定精度を実現可能のため、深度推定技術を搭載する際には、カメラを含めた追加部品のコストが不要となります。
また、車・人・信号・標識などの物体を認識するモデルも組み合わせることで、認識した特定の物体までの距離も推定が可能です。

お問い合わせ

ALBERTは、あらゆるデータに高度な分析力で挑み、独自のソリューションでビジネス課題の最適解を導きます。
詳しくは、下記までお問い合わせください。