SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・データ分析/研究開発支援、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

獣医療における皮膚病の自動判定

獣医療における皮膚病の自動判定

スマートフォン等のカメラで撮影した動物の皮膚の画像に対し、診断候補となる皮膚病名を確率的に判定する仕組みを構築。同じ病名ごと・同じ個体ごとでそれぞれ学習することで判定精度が向上。これにより、医師の診察業務の効率化や、飼い主が撮影した患畜の画像を獣医師に送信して判断を仰ぐなどの遠隔対応を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
データサイエンティスト育成支援

データサイエンティスト育成支援

データドリブンマーケティングを促進することを目的として、マーケティング担当者様向けに、ALBERTのデータサイエンティストが基本的な統計学やRの基礎プログラム等の講義を実施。データに対しての正しい見方や評価方法を学ぶことで、実践で活用できる知識を習得。

服のカテゴリの自動分類タグ付け

服のカテゴリの自動分類タグ付け

従来行っていた、膨大な商品データを手動でカテゴリに分類し、それに関連する検索用のタグを付与する作業について、自動で分類しタグを付与するアルゴリズムを構築。これにより、人的作業の効率化やコスト削減、誤ったタグが付与されるヒューマンエラーの解消を実現。

複数のセンサーデータを活用した異常動作検知

複数のセンサーデータを活用した異常動作検知

正常時のセンサーデータのみを用いてアルゴリズムを構築し、検査データ中に現れる異常を検知することで、それまで熟練者の感覚に頼っていた異常検知をAIで代替。技術伝承と省人化の両面から人手不足を解消できます。異常データが存在せず教師あり学習ができない場合でも、時系列的な変化・複数の要因を考慮できる隠れマルコフモデル(状態空間モデル)を用いて正常時から逸脱する値を異常と判定することで、アルゴリズム構築が可能。また、複数種類のセンサーデータの組み合わせに対応可能のため、人間では認識しにくい異常も検知できます。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法
詳しくみる

3次元空間における位置推定・地図作成

自動運転やAGV、ロボティクス等の分野で採用され、近年注目を集めている3次元データの活用方法の一つである「3次元SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」を用いて、LiDARやDepthセンサーのような3次元センサー、またはRGBの単眼カメラ、IMU等のセンサーを使用して3次元空間における位置特定と地図作成を同時に行います。これにより、GPS等の使用できない屋内やトンネル内での自動運転、自走式ロボットの要素技術を実現。

活用データ
顧客育成を目的としたデータドリブンマーケティング

顧客育成を目的としたデータドリブンマーケティング

新規・既存顧客の継続率向上 、ロイヤル化、DMやカタログのCVR向上を目的として、データドリブンマーケティングを実施。ロイヤルカスタマー分析によるターゲット選定・施策の評価や、ブランド間共起分析による推奨商品の特定、顧客クラスター分析によるコンテンツ内容の決定等、さまざまなデータを活用したマーケティング分析を実行。これにより顧客タイプごとの趣向性を把握でき、DM・カタログ・メールなどで各顧客タイプに合わせたコミュニケーション設計を実現。

詳しくみる
AIによる為替予測

AIによる為替予測

為替図チャートの画像データを用いた予測と為替変動の時系列数値データを用いた予測を組み合わせたアンサンブル学習により、AIアルゴリズムを構築。複数のデータやアルゴリズムを組み合わせることで精度の高い予測を実現。