お問い合わせ
Go to Top

SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・分析プロジェクト、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

正常な画像データのみを活用した外観不良検知

不良データがない場合にも、正常時の画像データを数百枚学習し、正常ではないと判断された画像に対して「不良」と判定する外観不良検知アルゴリズムを構築。これにより、人の目による再検査が大量に発生する従来の外観検査装置とは異なり、人の目による判断に近いアルゴリズムを用いて再検査を減らすことで、人手不足を解消できます。また、注目箇所の可視化により画像内のどこを重視して判断したのかを確認できるため、判断のブラックボックス化を回避可能です。

詳しくみる

子育て支援チャットボット

子どもの年齢や居住地域に合わせて、妊産婦や子育て世代に向けた子育てに関する様々な情報をOne to Oneコミュニケーションで提供できる仕組みをAIチャットボットとSNSツールの連携で実現。これにより、ユーザーが日中の忙しい時間に電話やメールで問い合わせをしなくても、開庁時間外でも必要な情報を取得できる環境を提供。

活用データ
分析手法

仕入れの発注量を判断する需給予測モデル

発注・在庫をシンプルに管理するために、商品の売上個数を予測し仕入れの発注量を判断する需給予測アルゴリズムを構築。複数のアルゴリズムを検証の上、最適なアルゴリズムを構築し誤差数を大幅に改善。これにより、属人的に人がExcelを用いて行ってきた作業から脱却し、予測精度の向上と業務効率化を実現。

社内問い合わせチャットボット

オフィスに関連する通信・OA機器・自社サービスについてなど、社内の営業担当者からの多岐にわたる問い合わせに対してサポートセンターの応対が追い付いていない状況を改善するために、社内問い合わせ専用のAIチャットボットを提供。営業担当者は、時間・場所に左右されずチャットボットに質問をすることで、電車・バス等の移動中やお客様との商談中にも迅速に解決が可能に。また、サポートセンターの回答時間短縮、運営の効率化を実現。

活用データ
分析手法

獣医療における皮膚病の自動判定

スマートフォン等のカメラで撮影した動物の皮膚の画像に対し、診断候補となる皮膚病名を確率的に判定する仕組みを構築。同じ病名ごと・同じ個体ごとでそれぞれ学習することで判定精度が向上。これにより、医師の診察業務の効率化や、飼い主が撮影した患畜の画像を獣医師に送信して判断を仰ぐなどの遠隔対応を実現。

産業
分析テーマ
活用データ

AIによる為替予測

為替図チャートの画像データを用いた予測と為替変動の時系列数値データを用いた予測を組み合わせたアンサンブル学習により、AIアルゴリズムを構築。複数のデータやアルゴリズムを組み合わせることで精度の高い予測を実現。

カタログ送付量の削減と受注数の向上による収益の最大化

行動データや属性データを加味した総合的なスコアリングを実施し、購買に繋がりやすい顧客を抽出をするためのアルゴリズムを構築。従来はRFM分析(Recency/Frequency/Monetaryの3つの指標で顧客をグループ化し、マーケティング施策を講じる手法)を用いたアルゴリズムを採用していましたが、それ以外の要因(変数)を追加したアルゴリズムの再構築により、カタログ送付で効果のある顧客を抽出でき、送付量の削減と全体の受注数の向上による収益の最大化を実現。