SERVICE

ALBERTができること

お客様の課題解決において、ALBERTの各サービス(AI・データ分析/研究開発支援、プロダクト、データサイエンティスト育成支援)が実現できることを、
テーマ・活用データ・分析手法・産業別にご紹介いたします。

ピックアップ

車載カメラ動画から車両識別・構造物識別

車載カメラ動画から車両識別・構造物識別

車載カメラの動画データを用いて障害物、走行車、歩行者等を自動的に識別するアルゴリズムを構築。これにより、レーンごとの車両有無を特定し、自車が走行しているレーンの特定が可能。また、従来の画像認識手法をディープラーニングに置き換えることにより、道路上の白線や縁石などの識別困難な画像の識別精度向上を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
店舗の契約手続き数の予測

店舗の契約手続き数の予測

過去の来店者データ等を活用し、店舗ごとの契約手続き数を予測するアルゴリズムを構築。来店者データ以外に週効果や祝日効果、キャンペーン効果、天気効果など複数の要因(変数)を加味して組み込むことで、具体的な契約手続き数を予測できます。これにより、店舗ごとの混雑状況を事前に把握でき、適切な人員配置やシフト管理の効率化を実現。

AIによる為替予測

AIによる為替予測

為替図チャートの画像データを用いた予測と為替変動の時系列数値データを用いた予測を組み合わせたアンサンブル学習により、AIアルゴリズムを構築。複数のデータやアルゴリズムを組み合わせることで精度の高い予測を実現。

書類の文字読み取り自動化

書類の文字読み取り自動化

スキャナーから読み込んだ文書の画像データのレイアウト解析を行い、項目ごとの文字列(活字)を認識して返すアルゴリズムを構築。画像を補正するアルゴリズムを活用して透かし模様等のノイズに頑健なアルゴリズムを構築することで、OCR(光学的文字認識)では精度が出ないような画像に対しても文字認識精度を向上でき、99%以上の正答率で識別に成功。これにより、これまで人の手で行っていた入力作業を自動化し、コストやミスを削減できます。

詳しくみる

AI活用を見据えたデータ設計・プラットフォーム構築

生データ(機器から取得したデータや保守・点検作業のデータ等)を収集する「データレイク」や、生データを再利用可能な形にして蓄積する「データウェアハウス」等の既存システムとは別に、それと共存する形で、AI活用に適した「データマート」を新たに構築。数多くのAIアルゴリズム構築・システム開発実績で培ったノウハウを用いて、データの欠損や異常値を考慮した設計や、異なるデータ形式を共通化した上でサマライズ。AI活用を見据えたデータ設計を行うことで、迅速なデータ利活用のPDCAサイクルが可能に。

実店舗向けチラシ配布の最適化

実店舗向けチラシ配布の最適化

チラシ投下のタイミングと売上最大化の最適値について、時系列や競合店舗の影響を考慮してデータを分析。売上上昇スコアを算出する予測アルゴリズムを構築することで、チラシ投下量を店舗別に計画し、チラシ配布費用の最適化と売上の最大化を実現。

キャラクターチャットボット

キャラクターチャットボット

オウンドメディアサイトにおけるユーザーとの関係性強化のために会員向けAIチャットボットを提供。これにより、会員に対するメリットの創出と多様なコンテンツにおけるパーソナライズされた接客支援を実現。また、チャットボットの活用によりユーザーの声やニーズを取得することができ、メディア運用におけるユーザー理解を深めることができます。

活用データ
分析手法