SERVICE

活用データ

CANデータ

「CAN」は「Controller Area Network」の略で、主に自動車で活用されている車載ネットワークデータです。
自動車での使用を前提に開発されており、ノイズに強く、配線を最小限に抑え、低コストを実現できます。
 
CANデータを活用することにより、ALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
ALBERTには、さまざまなデータを用いたAI活用事例が多数ございますので、AI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

CANデータのケース一覧

バッテリー劣化予測

CANデータを活用した自動車のバッテリー劣化予測

車両から取得したデータを用いて、バッテリーの劣化状況を予測するアルゴリズムを開発。CANデータの値の変化から数ヶ月以内の劣化を予測し、交換が必要になる会員に事前通知する仕組みを実現。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法

dotDataを活用した 伴走型​データドリブンDX支援

さまざまな業種や分野で、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが推奨されています。日本でも経済産業省が推奨するなどして、DXへの注目度が集まっています。しかし、企業もDXの重要性を理解していても、日本国内において未だ成功事例が少ないのが現状です。DXを本来の意味で推進していくためには、システム、分析、組織が一体となり経営目標に向かって取り組む必要があります。