SERVICE

産業

通信業

通信業界の課題解決において、ALBERTのAI・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
他にもAI活用事例が多数ございますので、AI導入のお悩みはぜひご相談ください。

通信業のケース一覧

データサイエンティスト育成支援

データサイエンティスト育成支援

データドリブンマーケティングを促進することを目的として、マーケティング担当者様向けに、ALBERTのデータサイエンティストが基本的な統計学やRの基礎プログラム等の講義を実施。データに対しての正しい見方や評価方法を学ぶことで、実践で活用できる知識を習得。

dotDataを活用した 伴走型​データドリブンDX支援

さまざまな業種や分野で、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが推奨されています。日本でも経済産業省が推奨するなどして、DXへの注目度が集まっています。しかし、企業もDXの重要性を理解していても、日本国内において未だ成功事例が少ないのが現状です。DXを本来の意味で推進していくためには、システム、分析、組織が一体となり経営目標に向かって取り組む必要があります。

大容量データ処理技術を活用し、アジャイル開発でデータ基盤を迅速に構築

大容量データを処理する技術やデータ処理を減らすためのノウハウを活用し、処理を大幅に高速化。また、従来のITシステム構築とは異なり、ウォーターフォール型の開発手法とアジャイル開発をうまく組み合わせることにより、スピーディかつユーザーフレンドリーなシステム構築が可能に。試行錯誤しながらダッシュボード開発を進めることで、迅速なデータの可視化を実現し、運用負荷を軽減。

データ活用プロフェッショナル人材の育成

データ活用プロフェッショナル人材の育成

企業様におけるデータ活用のプロフェッショナル人材育成を目的とし、高度な育成カリキュラムを用いて、ビッグデータ解析基礎プログラムを実施。分析手法理論を学び、実データを用いた演習を行うことで、実務で即戦力となる専門的な知識と実践力を習得。

位置情報を活用したユーザー店舗滞在判定

位置情報を活用したユーザー店舗滞在判定

各ユーザーの Wi-Fiアクセスポイント履歴から、滞在した店舗を推定し行動予測するアルゴリズムを構築。これにより、ユーザのアクセスポイント(位置情報)から滞在地や移動先を推定可能となり、ユーザーの行動に応じた最適な情報配信を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法
旅行者の行動パターン分析・可視化

旅行者の行動パターン分析・可視化

位置情報データを用いてエリア別の滞留ユーザー数・滞留時間を分析して可視化し、一時的な通過や居住者カウントされないよう除外するアルゴリズムを構築。旅行者の滞留状況を細分化することで、移動者と滞在者それぞれに最適な施策を展開。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法
店舗の契約手続き数の予測

店舗の契約手続き数の予測

過去の来店者データ等を活用し、店舗ごとの契約手続き数を予測するアルゴリズムを構築。来店者データ以外に週効果や祝日効果、キャンペーン効果、天気効果など複数の要因(変数)を加味して組み込むことで、具体的な契約手続き数を予測できます。これにより、店舗ごとの混雑状況を事前に把握でき、適切な人員配置やシフト管理の効率化を実現。