SERVICE

分析テーマ

データ分析基盤を構築したい

「データ分析基盤構築」においてALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
ALBERTには、他にもAI活用やシステム開発の事例が多数ございますので、データ分析基盤構築やAI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

 

データ分析基盤を構築したいのケース一覧

大容量データ処理技術を活用し、アジャイル開発でデータ基盤を迅速に構築

大容量データを処理する技術やデータ処理を減らすためのノウハウを活用し、処理を大幅に高速化。また、従来のITシステム構築とは異なり、ウォーターフォール型の開発手法とアジャイル開発をうまく組み合わせることにより、スピーディかつユーザーフレンドリーなシステム構築が可能に。試行錯誤しながらダッシュボード開発を進めることで、迅速なデータの可視化を実現し、運用負荷を軽減。

AI活用を見据えたデータ設計・プラットフォーム構築

生データ(機器から取得したデータや保守・点検作業のデータ等)を収集する「データレイク」や、生データを再利用可能な形にして蓄積する「データウェアハウス」等の既存システムとは別に、それと共存する形で、AI活用に適した「データマート」を新たに構築。数多くのAIアルゴリズム構築・システム開発実績で培ったノウハウを用いて、データの欠損や異常値を考慮した設計や、異なるデータ形式を共通化した上でサマライズ。AI活用を見据えたデータ設計を行うことで、迅速なデータ利活用のPDCAサイクルが可能に。