SERVICE

分析テーマ

データサイエンティストを育成したい

「データサイエンティスト育成」においてALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
データサイエンティストは、データを活用してさまざまな課題を解決に導く人材です。

 

ALBERTでは、新卒社員・未経験者・データサイエンティスト・エンジニア・マネージャー・管理職クラスなど幅広い方を対象とし、
座学・演習通じて、実践的な視点・考え方やデータ分析の技術を身につけられる講義をご提供しています。
企業向け講座公開講座をご用意しています。各ページもあわせて是非ご覧ください。
また、ALBERTには他にもAI活用事例が多数ございます。
データサイエンティスト育成についてはもちろん、AI導入・分析のお悩みもぜひご相談ください。

 

データサイエンティストを育成したいのケース一覧

社内プロジェクトを推進できるAI人材育成と内製化支援用サムネイル

社内プロジェクトを推進できるAI人材育成と内製化支援

現場に活きるAI教育には、企業の実際の課題に基づくケーススタディがとても重要です。製造業の現場で取得しているデータがあるならば、これを実践的な教材とし、OJT(伴走型教育)で実際に課題解決に取り組みながら育成することが可能です。オリジナルの育成プランを作成し、講義演習型のAI人材育成で学んだことをアウトプットし実用化させる「実践」を重視した人材育成支援です。

分析、AIプロジェクトマネジメント人材育成支援

AI・分析プロジェクトのマネジメント担当者様向けに、プロジェクトガイドラインの策定方法から、目的・KPI設計・評価方法、AIアルゴリズムの概要などを学ぶことで自社でのAI・分析プロジェクトを円滑に進めるための知識を習得。

データサイエンティスト育成支援

データサイエンティスト育成支援

データドリブンマーケティングを促進することを目的として、マーケティング担当者様向けに、ALBERTのデータサイエンティストが基本的な統計学やRの基礎プログラム等の講義を実施。データに対しての正しい見方や評価方法を学ぶことで、実践で活用できる知識を習得。

dotDataを活用した 伴走型​データドリブンDX支援

さまざまな業種や分野で、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが推奨されています。日本でも経済産業省が推奨するなどして、DXへの注目度が集まっています。しかし、企業もDXの重要性を理解していても、日本国内において未だ成功事例が少ないのが現状です。DXを本来の意味で推進していくためには、システム、分析、組織が一体となり経営目標に向かって取り組む必要があります。

データ活用プロフェッショナル人材の育成

データ活用プロフェッショナル人材の育成

企業様におけるデータ活用のプロフェッショナル人材育成を目的とし、高度な育成カリキュラムを用いて、ビッグデータ解析基礎プログラムを実施。分析手法理論を学び、実データを用いた演習を行うことで、実務で即戦力となる専門的な知識と実践力を習得。