SERVICE

分析テーマ

距離を推定したい

「距離推定」においてALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
画像認識技術を用いて、カメラから物体までの距離(深度)を推定します。
人は目で見て物体までの距離を判断できますが、ディープラーニングを活用することで、この判断を単眼カメラでも高精度に行うことができます。
自動車の自動運転や、工場や倉庫における物資の自動運搬、自動掃除機などの家庭用ロボット、車いすなどに活用できます。

ALBERTには、他にもAI活用事例が多数ございますので、距離推定やAI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

距離を推定したいのケース一覧

単眼カメラによる深度推定

単眼カメラによる深度推定

単眼の車載カメラ映像を用いて距離の推定を行い、複眼カメラ同様の精度を実現。学習の際は複眼で撮影した動画を使用して深度推定アルゴリズムを構築しており、実運用時には、単眼で撮影した映像を用いた推定が可能です。また、車・人・信号・標識などの物体を認識するアルゴリズムと組み合わせることで、認識した物体までの距離も推定可能です。小型の単眼カメラで実現可能のため、コストダウンと省スペース化に繋がります。

産業
分析テーマ
活用データ