SERVICE

活用データ

GPSデータ

GPSデータとは、地球上の現在位置を人工衛星からの電波で測り知ることのできる仕組みのことです。
カーナビやスマートフォンなどで利用され、自分の位置(軌道)と時間の信号から、位置を計算して割り出します。
 
GPSデータを活用することにより、ALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
ALBERTには、さまざまなデータを用いたAI活用事例が多数ございますので、AI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

GPSデータのケース一覧

大容量データ処理技術を活用し、アジャイル開発でデータ基盤を迅速に構築

大容量データを処理する技術やデータ処理を減らすためのノウハウを活用し、処理を大幅に高速化。また、従来のITシステム構築とは異なり、ウォーターフォール型の開発手法とアジャイル開発をうまく組み合わせることにより、スピーディかつユーザーフレンドリーなシステム構築が可能に。試行錯誤しながらダッシュボード開発を進めることで、迅速なデータの可視化を実現し、運用負荷を軽減。

位置情報を活用したユーザー店舗滞在判定

位置情報を活用したユーザー店舗滞在判定

各ユーザーの Wi-Fiアクセスポイント履歴から、滞在した店舗を推定し行動予測するアルゴリズムを構築。これにより、ユーザのアクセスポイント(位置情報)から滞在地や移動先を推定可能となり、ユーザーの行動に応じた最適な情報配信を実現。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法
旅行者の行動パターン分析・可視化

旅行者の行動パターン分析・可視化

位置情報データを用いてエリア別の滞留ユーザー数・滞留時間を分析して可視化し、一時的な通過や居住者カウントされないよう除外するアルゴリズムを構築。旅行者の滞留状況を細分化することで、移動者と滞在者それぞれに最適な施策を展開。

産業
分析テーマ
活用データ
分析手法