SERVICE

活用データ

電力データ

電力データとは、電力会社が各家庭や企業などに送配している電気量のデータです。
「発電容量」の単位には、kW(キロワット)、MW(メガワット)、GW(ギガワット)という単位があります。
 
電力データを活用することにより、ALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
ALBERTには、さまざまなデータを用いたAI活用事例が多数ございますので、AI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

電力データのケース一覧

AI活用を見据えたデータ設計・プラットフォーム構築

生データ(機器から取得したデータや保守・点検作業のデータ等)を収集する「データレイク」や、生データを再利用可能な形にして蓄積する「データウェアハウス」等の既存システムとは別に、それと共存する形で、AI活用に適した「データマート」を新たに構築。数多くのAIアルゴリズム構築・システム開発実績で培ったノウハウを用いて、データの欠損や異常値を考慮した設計や、異なるデータ形式を共通化した上でサマライズ。AI活用を見据えたデータ設計を行うことで、迅速なデータ利活用のPDCAサイクルが可能に。

電力需要の予測

電力需要の予測

過去の電力需要および気象データ、曜日データをもとに、エリアごとの電力需要を予測するアルゴリズムを構築。時間単位で精度を検証することで高精度な予測アルゴリズムを実現。これにより過剰な発電によるコストを抑えます。