SERVICE

分析テーマ

領域を検出したい

「領域検出」においてALBERTのAI技術・分析技術が実現できることの一例をご紹介します。
領域検出(セグメンテーション)は、画像のどこに何があるのかをピクセル単位で検出し識別することです。
ALBERTには、他にもAI活用事例が多数ございますので、領域検出やAI導入・分析のお悩みはぜひご相談ください。

 
 
 
また、ALBERTでは、AI・画像認識サービス「タクミノメ」を開発・提供しています。
本サービスは、課題整理・アノテーション・AI構築・システム開発・運用まで、幅広い工程を支援いたします。
領域検出はもちろん、画像認識における様々な課題を解決いたします。こちらのページもあわせて是非ご覧ください。

 

領域を検出したいのケース一覧

3次元空間上での位置・姿勢の把握

3次元点群情報の点にラベルやカテゴリを関連付ける「点群セグメンテーション」の技術を用いて、従来のRGB画像による2次元データのセグメンテーション(領域検出)では不可能だった3次元空間上での位置関係や姿勢を把握することができます。自動運転における障害物、野菜等の不定形の物体のピッキング、災害予測等にも応用可能。