スグレス

AI・高性能チャットボット
pageTop

SCENE
活用シーン

チャットボット「スグレス」はさまざまなシーンに活用できます。
ビジネスシーンの困った場面に、チャットボットを導入してみてはいかがでしょうか。

社内問い合わせ(B to E)

よくある社内問い合わせの内容を整理し定型の応答文を用意すれば、チャットボットが社員一人ひとりに正しい情報を提供します。
社内の問い合わせには、チャットボットが自動応答します。

POINT

  • 社内業務の効率化
  • ユーザーの利便性向上
  • スキル平準化

今まで

チャットボットの導入後

自社FAQリストの付加価値向上

Webサイト上の静的なFAQページではユーザー自身が「質問を探す」という行動が必要でしたが、豊富なFAQリストをチャットボットに活用することで、ユーザーは電話やメールよりも気軽に質問ができます。

今まで

チャットボットの導入後

企業問い合わせ(B to B)

問い合わせが1日に100件を超えたり、それに対応する人件費がひと月に数百万円もかかったりなど、問い合わせへの対応に負荷がかかっている企業は珍しくありません。
すべての問い合わせをチャットボットで対応するのは難しいですが、一般的な質問や回答をチャットボットが自動応答することで問い合わせ対応窓口業務の軽減ができる他、ユーザーの待機時間の解消や安心感にもつながります。

POINT

  • 問い合わせ工数削減で本業に集中可能
  • ユーザーの利便性向上

今まで

チャットボットの導入後

行政サービス(G to C)

行政サービスにおける定型質問をチャットボットが対応することで、住民は時間問わずいつでも問い合わせが可能です。また、電話やメールでの問い合わせ、相談窓口業務の一部を自動化することで、庁内業務効率化を実現します。

POINT

  • 24時間365日受付可能
  • 対応コスト削減
  • 即時回答で受付率UP

EC・オウンドメディア(B to C)

会員様向けのサイト利用者に対して、個別の属性情報に応じたサポートを提供することが可能です。ユーザーの好みに合わせた商品提案や、誕生月などの情報に合わせたメッセージ配信・プッシュ通知ができます。ユーザーにより深く自社ブランドや商品に関わってもらうことで、顧客ロイヤリティを高めるツールとして利用できます。

POINT

  • コンテンツや商品の提案(レコメンド)
  • カスタマーサポートの充実
  • オムニチャネルの実現

チャットボットによるOne to Oneコミュニケーションの実現

例)7月にサイトを訪問した場合