AI・高性能チャットボット
pageTop

チャットボット「スグレス」
~ 機能紹介 ~
SPECIFICATION

機能一覧

問い合わせ自動応答

問い合わせ自動応答

よくある質問と回答(一問一答形式のExcelベースのFAQリスト)を登録することで、そのデータをもとに、チャットボットが問い合わせに自動で応答します。日本語または英語での対応が可能です。
回答の信頼度が高いと判断できる場合にはダイレクトに回答し、別の候補も想定される場合にはユーザーに確認するなど、回答の信頼度に応じて柔軟に対応します。

自動学習(ランク学習)

自動学習(ランク学習)

アンケートデータ(ユーザーへ「問題は解決しましたか?」と問いかけ、「はい」「いいえ」の選択で得られる解決確認のデータ)をもとに、最適な回答をAIが自動で学習し、回答精度を向上させます。手間のかからない精度向上を実現します。

その他

機能詳細

問い合わせ自動応答

よくある質問と回答(一問一答形式のExcelベースのFAQリスト)を登録することで、そのデータをもとに、チャットボットが問い合わせに自動で応答します。日本語または英語での対応が可能です。 登録した一問一答形式のFAQリストのデータをもとに、チャットボットが、回答の信頼度が高いと判断できる場合にはダイレクトに回答し、別の候補も想定される場合にはユーザーに確認するなど、回答の信頼度に応じて柔軟に対応します。また、ユーザーの意図した回答ができない場合には、類似質問の候補の提示も可能です。さらに、回答終了後にユーザーへとアンケートを取ることで解決率を計測できます。

問い合わせ自動応答
機能一覧に戻る

ウェルカムFAQ

ウェルカムメッセージ(チャットボットを開くと最初に表示されるメッセージ)に、任意の質問を設定できます。

ウェルカムFAQ
機能一覧に戻る

インテントFAQ

ユーザーの入力ワードに基づいて、チャットボットが質問をしながら内容を絞り込み、最終的に最適な回答をします。一問一答形式だけでなく、事前に運用者様が設定したシナリオに基づいた対話が必要な場合には、本機能で実現することができます。設定したシナリオに基づいて対話が進むため、ユーザーとの対話を確実にコントロールできます。

インテントFAQ
機能一覧に戻る

関連FAQ

直近の質問内容を前提として、引き続き、関連する内容のみに絞った回答を表示できます。これにより、ユーザーがいま最も聞きたい内容(関連するFAQ)に絞り込んで質問することが可能です。

関連FAQ
機能一覧に戻る

FAQパーソナライズ

ユーザーの属性別にFAQの内容を出し分けることができます。例えば雇用形態別(正社員、契約社員等)や会員ランク別(ゴールド会員、シルバー会員等)など、活用方法に応じてユーザーセグメント別でFAQを出し分けることが可能です。
これにより、属性ごとに適した回答が表示されるため、ユーザーは自身が求めている回答にたどり着きやすくなります。

FAQパーソナライズ
機能一覧に戻る

ユーザー辞書

固有名詞を登録できる「固有名詞辞書」と類義語や略語を登録できる「類義語辞書」があります。管理画面から固有名詞、類義語、略語、さらにはストップワード(検索対象外とするワード)を登録しておくことで、問い合わせや雑談の回答精度が向上します。

  • 固有名詞辞書

    通常の自然言語処理では単語を分割して認識しますが、固有名詞辞書に特定の固有名詞を登録することで、別々の単語として認識することを防ぐことができます。

    固有名詞辞書
  • 類義語辞書

    類義語辞書に類義語や略語を登録することで、ユーザーからの様々な入力ワードに対応することができ、適切な回答に導くことができます。

    類義語辞書
機能一覧に戻る

サジェスト

ユーザーが入力フォームに問い合わせを入力する際、そのワードに近しいと思われる問い合わせ文を入力フォーム上部に最大5件表示します。ユーザーの入力の手間や誤字脱字を減らし、意図した回答に導きやすくなります。

半角または全角スペースで複数ワードを入力した場合には、OR検索が可能です。
さらに、入力ワードと問い合わせ文に含まれるワードが一字一句同じでなかったとしても、類義語辞書に登録されているワードであれば候補として表示されます。

サジェスト
機能一覧に戻る

自動学習(ランク学習)

アンケートデータ(ユーザーへ「問題は解決しましたか?」と問いかけ、「はい」「いいえ」の選択で得られる解決確認のデータ)をもとに、最適な回答をAIが自動で学習し、回答精度を向上させます。手間のかからない精度向上を実現します。

自動学習(ランク学習)
機能一覧に戻る

管理画面

わかりやすい管理画面で、導入・運用は簡単。チャットボットの基本指標(メッセージ数、メッセージ内容、解決率等)に関するレポートの表示や、FAQ編集、メッセージ編集、辞書登録、表示動作確認等が可能です。

また、スタイル設定機能を詳細モードにすると、チャットボットに適用するスタイルシートを直接編集することで、お好みのデザインにカスタマイズすることができます。

  • レポート表示

    レポート画面(ダッシュボード)では、チャットボットの基本指標(メッセージ数やメッセージ内容、解決率の確認など)の数値を把握することができます。

    レポート表示
  • FAQ編集

    FAQ編集画面では、応答文の追加・編集が可能です。Excelで一括編集したり、管理画面で直接個々に編集したりすることができます。

    FAQ編集
  • メッセージ編集

    メッセージ編集画面では、チャットボット表示時のウェルカムメッセージをはじめ応答用の各種メッセージの編集が可能です。

    メッセージ編集
  • 表示動作確認

    初期設定画面では、チャットボットの表示動作確認と導入時に必要なタグの取得することが可能です。

    表示動作確認

※管理画面では上記以外にも様々な画面がございます。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
※管理画面は日本語のみ対応しています。

機能一覧に戻る

ヘルプデスク

導入時はもちろん、運用時も、経験豊富なカスタマーサクセスチームが問い合わせにお答えします。専用ヘルプセンターサイトや専用チャットボットもご用意しています。

  • ヘルプデスクへの問い合わせ

    チャットボットの導入時はもちろん、運用時も、カスタマーサクセスチームがサポートいたします。

    ヘルプデスクへの問い合わせ
  • ヘルプセンターサイト

    専用のヘルプセンターサイトにて、いつでもスグレスの利用マニュアルの参照が可能です。また、サイト内に専用チャットボットもご用意しています。

    ヘルプセンターサイト
機能一覧に戻る

多種多様な連携

LINEやLINE WORKS、Microsoft Teams、Slack等との連携が可能で、様々なインターフェースで利用できます。有人チャットツールや動画配信プラットフォーム等とも連携できます。

また、各種データとの連携も可能です。例えば、ユーザーマスタ(属性や会員ID等のユーザー情報)をチャットボットに連携すると、パーソナライズされた情報の出し分けが可能です。さらに、すでにサイト等で利用しているFAQデータをチャットボットに連携することで、FAQの更新・追加を自動化することができ、運用者様の手間を省くことができます。

他にも多種多様な連携が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

  • 様々なインターフェース

    LINEやLINE WORKS、Microsoft Teams、Slack等各ツールとの連携が可能で、Webサイト上だけではなく、ご希望に合わせて様々なインターフェースで利用できます。
    課題や活用方法に応じた柔軟な対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

    様々なインターフェース
  • 有人チャットツール連携

    有人チャットツールと連携することで、チャットボットが回答不可能な質問について瞬時に判断し、オペレーターへエスカレーションします。定型的な質問はチャットボット、複雑な質問はオペレーターというように切り分けを明確にすることで運用を効率化できます。

    有人チャットツール連携

    連携先有人チャットサービス

    アルファコム株式会社

    アルファコム株式会社

    モビルス株式会社

    モビルス株式会社
  • 動画配信プラットフォーム連携

    動画配信プラットフォームと連携することで、チャットボット応答時にテキストだけでなく動画を表示できます。作業手順書や勉強会の様子等、幅広い用途でビジュアルを交えて伝えることで、より最適なコミュニケーションを実現できます。

    動画配信プラットフォーム連携

    連携先動画配信プラットフォーム

    株式会社Jストリーム
    J-Stream Equipmedia

機能一覧に戻る

カレンダー連携

Microsoft365のスケジュール機能と連携することで、チャットボット上で予定の登録や参照ができます。(LINE、Microsoft Teams、Slackなど、個人のアカウントを特定できるインターフェースのみ対応)

  • 予定の登録

    「明日の11時にミーティングを設定」「今日のどこかに1時間予定を入れて」「来週月曜日の午後3時から会議」などのメッセージを入力すると、チャットボットより、予定登録用URLが回答されます。
    URLをクリックするとOutlookの画面に遷移し、必要な情報を入力して保存することでカレンダーに予定が登録されます。

    予定の登録
  • 予定の参照

    「予定を教えて」「今日の予定」「10日の予定」「1月の予定」「来週月曜日の予定」「昨日から明日までの予定」「今週の予定」など、「予定」を含むメッセージを入力すると、現在登録されている予定が最大10件回答されます。

    予定の参照
機能一覧に戻る

スポット検索

LINEの位置情報検索機能を用いて、位置情報で指定した場所から最寄りのスポットを検索して表示します。(LINEインターフェースのみ対応)

スポット検索
機能一覧に戻る

サポートEx

ヘルプデスクとは別に、専任のカスタマーサクセススタッフが、精度向上のためのチューニング提案や運用アドバイス、学習用データの作成等を行います。

  • 精度評価

    チャットログの内容を確認させていただき、回答精度向上をするためのチューニング内容をご提案いたします。

  • レポーティング

    利用ユーザー数やチャット利用状況のサマリーレポートをはじめ、チャットボットの成果向上を行うための運用アドバイスをレポーティングします。

  • 学習用データの作成

    ランク学習機能ご利用時に必要となる、精度の高いモデルを作成するための元となる学習データ(質問文章)を作成いたします。

機能一覧に戻る