AI・画像認識サービス

撮像・画像生成したい
画像データを保有できていない・不足している企業様に向けて、画像認識AI構築時に必要となる撮像・生成工程を支援いたします。

画像認識AI構築における画像データ準備の悩み

  • 撮像自体が難しい

    撮像環境がないため、画像認識AI構築に必要となる画像データを保有できていない。

    時間やコストがかかるためなかなか撮像を実施できず、画像認識AI構築に踏み出せない。

  • 保有画像が少ない

    製品の不良品自体がほぼ存在していないため不良品の画像も少なく、画像認識AIを構築できない。

    保有済みの少ない画像を活用して画像を水増しすることで画像認識AIを構築したいが、生成技術がない。

画像データ準備における撮像・生成の悩みを解決します。

撮像・画像生成 3つの特長

画像認識AIを構築するにはある程度の量の画像データが必要となりますが、撮像ができずに画像を保有できていない、不良品がほぼ存在しないため不良品画像が不足しているなどのお悩みをお持ちの企業様は少なくありません。
1枚も画像を保有していない場合にはAIは構築できず、また不良品画像が不足している場合には、せっかくAIを構築しても、精度がなかなか出ないということもあります。

こうしたお悩みをお持ちの企業様に、画像認識AI構築の経験豊富なスタッフが、撮像実施や撮像機器貸出、画像生成実施を行います。AIアルゴリズム構築まで見据えて、それに適した撮像・生成方法をコンサルティングします。

  • 外部パートナー企業と連携することで、撮像の実施や撮像装置貸出が可能

    数多くの撮像経験を活かし、撮像を実施。あるいは撮像装置の貸出も可能。

  • 画像認識AI構築のノウハウを活かし、画像を水増し可能

    不良品等の画像が少ない場合にも、ALBERTのノウハウを凝縮した画像合成・生成技術により、画像データを追加可能。

  • AIアルゴリズム構築(ビジネス化)を踏まえたコンサルティング

    画像認識AI構築の経験が豊富なスタッフが、AIアルゴリズムの構築を見据えた上で、撮像や画像方法をコンサルティング。

撮像・画像生成 ご支援の流れ

◆弊社にてアノテーションを請け負う場合

◆弊社にて画像生成を請け負う場合

納品イメージ

  • 撮像データ例

    画像認識AIアルゴリズム構築に適した撮像を行います。例えば製品の不良品検知のための撮像の場合、不良箇所がはっきりわかるように照明・カメラ等を選定、調整します。

    • ▼画像認識AI構築に適した例
      (不良箇所がきちんと写る)

    • ▼画像認識AI構築に適さない例
      (影になり不良箇所が写らない)

  • 生成データ例

    不良品の画像データが不足している場合、正常品に不良箇所を合成したイメージを生成することで、学習用データを増やし、AIの精度を高めます。

    • ▼正常品例

    • ▼正常品に不良箇所を合成した例

※写真はイメージです。