TOPICS

2022年度 人工知能学会全国大会(第36回)にて、ALBERT先進技術部が発表を行いました。

2022/06/22

ALBERTは、2022年度 人工知能学会全国大会(第36回)に出展し、先進技術部がインダストリアルセッション、及び、インタラクティブセッションで発表を行いました。

【発表内容】
———————————————————————
◆インダストリアルセッション
・日時:2022年6月15日
・タイトル:
「点群や画像などからの物体の3次元再構成と3次元空間認識技術に関わる取り組み」
・発表者:先進技術部部長 松林 達史
———————————————————————
◆インタラクティブセッション(ポスター発表)
・日時:2022年6月17日
・タイトル:
「エネルギーベースモデルを用いた点群データからの表面再構成」
・発表者:先進技術部 櫻井 仁哉、山内 隆太郎
———————————————————————
今年は京都国際会館での現地開催と、オンラインのハイブリット開催となり、過去最高の3000人を超える方が参加されました。
インダストリアルセッションでは会場とオンラインの両方で先進技術部の取り組みを発表しました。
また、インタラクティブセッション(ポスター発表)では、発表者への質問を始め、理論や技術についての活発な意見交換がありました。
ALBERTの企業展示ブースには、ロボティクスや自然言語などに力を入れている大学院生や研修に携わる企業の方々が訪れ、当社がAI・データ分析の受託開発だけではなく、先端技術研究にも取り組んでいることを知ってもらうことができ、これまで以上に企業理解を深めていただく良い機会となりました。

この記事をシェアする
twitter
facebook
B!
LINE
in